« ワールドサッカーいよいよ始まる | トップページ | 大村益次郎 »

2008年2月 7日 (木)

老人病の一つ

2月7日(木)晴
気温0度。ちょっと冷たい。放射冷却らしい。宮島も遠く霞んでいる。明日の天候が少し心配だ。

家内がラン展を見に行こうというので一緒に植物園に出かける。
出展者が中国各地から沢山いる関係で入場者が多く、ごった返す。
出店物は千差万別色とりどりで、目を引くものなんでもないもの雑多である。
それほど関心があるわけでないので、家内ほどの真剣味はない。通り一遍に見て回る。
昼になったので構内のレストランに行ったが、満員で受付は行列、これではどうにもならないと軽食堂に廻りピザを食って帰る。

家に帰って、食事の追加をし、撮った写真の印刷をしておるとき、ちょっとした立ち居の際の動作間違いからころんでしまい、腕や頭にちょっと怪我をしてしまう。
やはり歩き疲れたのかも知れない。
この分では明日の小郡行きが少し気になる。家内はJRで行けというがさあどうするか。
明日にならないと決心がつかない。
家内が老人の怪我は室内での転倒が多いのだそうよという。合点する!
しかし気を付けられるかどうかな?

Img_0920

|

« ワールドサッカーいよいよ始まる | トップページ | 大村益次郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/40033099

この記事へのトラックバック一覧です: 老人病の一つ:

« ワールドサッカーいよいよ始まる | トップページ | 大村益次郎 »