« 間違いだったかも知れない長寿 | トップページ | イワシ不足 »

2008年1月 8日 (火)

宮島詣で

1月8日(火)晴
昨日とそっくりの朝もやの立ちこめた、雲は殆ど見えないよい天気。気温も4度とまあまあ。
宮島に参るかと家内を誘う。内藤内科に行く予定だが、明日でもかまわないという。
明日は下水配管の掃除に来てくれる日となっているので、ちょっと忙しいかも知れない。

10時半出発。元旦に較べて驚くほど人、車ともに少ない。
一息に海岸を通り抜けて、回廊に入る。
身体が重くて、杖を持った腕がだるい。ときどきスナップを撮りながらゆるゆると進む。本殿で参拝を済ます。
回廊を通り抜けて,道路に出て,博物館横の道路を真っすぐ大聖院に向う。同じ方向に向かう客が多い。
先年の水害の跡が奇麗になってはいるが、大きな岩石は上流にごろごろしている。不安と言えば不安な感じである。
一応景観をかたちどってはいるのだが。

茶店風の食堂でアナゴ飯をたべて、ゆるゆる神社の周囲をめぐって帰路につく。
足の弱さがひどく感ぜられる。ふくらはぎが痛い。心臓が弱って血の循環が滞っている感じがする。
すこし速度をあげるとかなり苦しい。

連絡船に乗るとやれやれである。こんなにふらふらになったのは始めてである。
去年の私ではもうなくなったと痛切に感ずる。やはり寿命の尽きるとはこんな状況をいうのだろう。Torii
Kairou
Kairou2

|

« 間違いだったかも知れない長寿 | トップページ | イワシ不足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17623189

この記事へのトラックバック一覧です: 宮島詣で:

« 間違いだったかも知れない長寿 | トップページ | イワシ不足 »