« 今年も大変だな | トップページ | 間違いだったかも知れない長寿 »

2008年1月 6日 (日)

趣味の違い

1月6日(日)晴
気温1度、昨日に続いて快晴。
郷里の墓参りをすることにする。行楽地は混むだろうが、墓地はそんなこともあるまいということで。
10時半家を出る。高速に入る所で、ETCの故障で通れなくなり面食らう。ポリスカーからの拡声器で気づき、発券機からカードを取って通過する。
下りる所では普通に金を支払って下りる。夢タウンで食事をしたり、買い物をして、先に父母の眠る墓地に直行。
今回は杖を持って山登り、よろけはしないが、息がせってとても一気には登れない。心臓の弱ったことを十分自覚する。弟の家で暫く話し、川下の墓地を廻って、田賀に行く。こちらは義弟は留守、暫く居て白崎八幡宮に参拝することにして出かける。
3が日を外れているから、さすがに参拝客は少ない。下の駐車場に車を置いて歩いて石段を上る。
やはり息がはずむ。足もだるい。間もなく88歳になるこの身体をいやでも思い知らされる。

昨年は金比羅様や、津和野の稲荷のそれぞれ長い石段を登ったのにと今昔の差を不思議すら感ずる。
身体の衰えがここに来て一挙に加速したらしい。
帰宅してから、今年のさざん会を引き受けたのはよかったかどうか、急に心配になってきた。

弟が言うには田丸の妹が転んで腕を怪我し、三角巾で吊るしているとのこと、一人になったのだからさぞ困っているだろうと心配である。

5時に帰宅してから一寝入りして、起きると軽い足の痙攣を起こす。正に二重のダメージである。
遅まきながら、足を少し鍛えなければといたく感ずる。

時代劇ドラマがテレビの世界から急速に姿を消しつつあるのだそうな。見るのが高齢者ばかりで、販促につながらないから、スポンサーがつかないのだという。
スポンサーのいらないNHKなら、いいだろうと思ったらNHKも木曜時代劇を45分から30分にするという。
「蝉しぐれ」や『風の果て」は素晴らしかったが、もうこんなのが見られなくなるとは誠に残念である。
下らぬ韓国ドラマがあんなに人気化しているのが私には不思議でならない

|

« 今年も大変だな | トップページ | 間違いだったかも知れない長寿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17599553

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味の違い:

« 今年も大変だな | トップページ | 間違いだったかも知れない長寿 »