« 役立たなかった人間 | トップページ | スパイ衛星 »

2008年1月29日 (火)

平和ぼけ


1月29日(火)曇
雪が薄く積もって銀世界の朝、気温2度でちょっと寒い。雨にでもなりそうな気配。
ゆっくり起きるので、朝はまたたく過ぎて行く感じ。
通勤、通学の人々は大変だなと、往時を懐いしのぶ。

曾野綾子さんのコラムが昨日のサンケイに載ってたが、私も同感だ。
何時の場合でも、彼女の意見に賛同することが多い私だが、昨日の”怠け者で理解力のない日本人”は正にその通りだ。

一月のうち三分の一を休むなんて馬鹿げている。土曜日を休みにし、祝祭日を増やし、代休休みをつくり、政府が率先して国民にこびへつらっている。
当然給料は減るだろうし、休みが多くても使う金がない。給料単価は高くなるから、市場価格も高くなる.景気が良くなるわけが無い。凡そ考え方が逆なのではないか。

おいぼれの私がもの言っても、実行出来ない現状では説得力は勿論無い。
しかし若き日を思い返すと、勤労報恩の精神などは昔に較べて比較にならないほど低下しているのではないか。勉学にしてもそうである。国際学力比較でも昨今は中以下をさまよっている状態だ。あまりにも情けない。
国技の相撲にしても蒙古の人に及ばない。怠けていたのでは何事もうまく運ぶわけは無い。
極小数のプロ野球選手に拍手を送っているだけでは、自分の目指す仕事は成就しないのである。

思うに戦後六十余年の太平が国民の生活意欲を蝕んだとしか言いようが無い.徳川三百年の太平が幕末危機を招来した様に。

|

« 役立たなかった人間 | トップページ | スパイ衛星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17888661

この記事へのトラックバック一覧です: 平和ぼけ:

« 役立たなかった人間 | トップページ | スパイ衛星 »