« 年金は戦争中つくられた | トップページ | 産業の環境破壊 »

2007年12月29日 (土)

天皇杯サッカー

12月29日(土)曇
早朝気温11度と跳ね上がる。空は灰色につぶれているが、おぼろ太陽が影の如く映えている。
今日は各地で交通渋滞がつづくのだろう。
我が家では、誰も訪れはない予定なので、しずかに年末年始を暮らせそうだ。
ただ3日に長女の家に招かれてはいるが。

朝湯沸かし器からの湯配管の付け根からぽたぽたと湯が漏り始めた。早速ガス会社に電話して来て見てもらう。
パッキンが痛んでいるとのこと。取り替えは来年になるという。仕方がない。

午後一時からサッカーの天皇杯準決勝が行われ、サンフレッチェとアントラーズが元日の決勝に駒を進めた。
アントラーズはJIの優勝チームだし、二冠を獲得してもおかしくないが、サンフレッチェはJ2に降格したばかりで,全くのフロックと云っていい。しかしその勝負振りは新鋭2人の活躍があったりして、チームのカラーを塗り替えた感じがある。ひょっとすると元日もおかしなことになるかもしれない。
若いということはやはり馬鹿に出来ない。柏木の90分間のタフな動きは並ではない。ただ警告累計の為に元日には出場出来ないとのことでまことに残念である。
(写真は中国新聞よりコピー)

Sp20071229026901

|

« 年金は戦争中つくられた | トップページ | 産業の環境破壊 »

コメント

私も最近ブログ始めました。よろしくお願いします。

投稿: ずーさん | 2007年12月29日 (土) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17514553

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯サッカー:

« 年金は戦争中つくられた | トップページ | 産業の環境破壊 »