« 小鮒つりし彼の川はもうない | トップページ | ヒマラヤの湖 »

2007年12月10日 (月)

老いぼれは粗大ゴミ

12月10日(月)曇後晴
朝雲多く,雲間からこぼれる日射しは弱々しかったが、昼前にはうす雲を残して一面に晴れ上がり、陽光がまぶしい。

最近私はベッドに居る時間が永くなり、炊事をする家内が私の起きるのを待つために、時間を持て余している感じである。
だから片付けられるのはまことに早い。時にはまだ食い終わってないのに片付けられたりする。
やっぱり家庭では粗大ゴミに違いないようだ。

年末恒例の家の中の掃除ももっぱら家内の仕事。ときどきお呼びがかかって手伝う。この時の呼び声はかなり手厳しい。まあ我慢するか、日頃何もしていないから、なまじ手を出すと却って邪魔になるようだ。

ムービーなどの大容量のファイルのコピーに時間がかかるのに参る。就中USBはひどい。2.0タイプなのに数時間もかかる。
今日は新聞休みで見るものがないのでまあ好しとしているのだが。
音楽は相変わらずバックに流れている。
午後2時からの世界名曲アルバム百選が流される。中でもアルヴィノーニのアダージョは死の床にある時夢うつつの間に聞ければ、至福の時間となるのだろうがと夢想したりする。

今日あたりは外は7、8度くらいで窓を開けるとさぁーと冷たい空気が流れ込む。石油が高いので我が家でも厚着をして出来る限りストーブは焚かない。窓を開けるのは禁物である。

私達75歳以上の老人の保険料が大分高くなるらしい。一番医者の厄介になってるのだから仕方がないだろう。年金をみんな持って行かれるわけでもないし、勝手に政府が呉れたり取り上げたりするだけだから、持って行く手間はかからないし。

|

« 小鮒つりし彼の川はもうない | トップページ | ヒマラヤの湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17332405

この記事へのトラックバック一覧です: 老いぼれは粗大ゴミ:

« 小鮒つりし彼の川はもうない | トップページ | ヒマラヤの湖 »