« 産業の環境破壊 | トップページ | 老兵は消え去るのみ »

2007年12月31日 (月)

大晦日

12月31日(月)曇時々雪
朝8時積雪3cm,なお少量ながら降り続いている。気温1度。地上の雪はどんどん解けて見えない。

とうとう今年最後の日となった。我が家も元日早々の三社参りから始まったのだったが、孫たちは皆その目的を果たして,幸運に恵まれたが、孫の一人が結婚したり、家内の叔母、私の義弟が死去したり、いろいろ幸不幸錯綜した年になった。

昨年大阪でさざん会の開催を引き受け、年初早々からバタバタとかけずり回って準備し,6月一応その任を果たしたのだが、4月には信州方面まで桜を見に行き、8月までに四国に三回観光に出かけたりした。その影響が出たかどうか年の後半は体調不良に悩まされた。家内も同様にリウマチに苦しんだので、楽しいことはほとんど無かった。
来年もまたさざん会の世話を土田君と一緒にすることになってしまって、求めて苦労をすることになったが、成り行き上仕方がなかった。まあ馴れた仕事だからなんとかなるだろう、生きていなければならないということでもあるし。

時折降り続いていた雪も、雲間から顔を出した太陽に勢を失って小雨になる。
もう何処にも出る気はしない。といって夜中の紅白を見る気は全然ない。代わりに私には沢山のCDやDVDがある。
例年の様に寝ながら迎える元旦である。
目下の所体調は万全と云える。
無事平成20年まで寿命が伸びることはもう間違いない。後二十日ばかりで米寿を迎える。思っても見なかったことだ。

午後2時ちょっと出て来るよと言って家内が出て行った。まだ気力が残っている様だ。
午後3時天候急変し、猛吹雪になる。積もることはないだろうが、ぬかることは間違いない。出かけた家内が心配。
30分ぐらいで猛吹雪は穏やかになる。家内はその後うまく帰宅する。やれやれ。

午後8時7chで恒例の第9が始まる。快い響きに任せることにする。

|

« 産業の環境破壊 | トップページ | 老兵は消え去るのみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17536035

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日:

« 産業の環境破壊 | トップページ | 老兵は消え去るのみ »