« 半病人 | トップページ | 点滴のおかげ »

2007年12月19日 (水)

喉は良くなったが鼻水が

12月19日(水)曇
ETCは目下使用する機会が無い。もう少しで1ヶ月になるが無駄金だったかも知れない。
こんな後悔はいつものことだから、黙して語らない。
戦地で弾丸の中を往来した時でも、四六時中死を意識した訳ではない。むしろ未だ生きているという意識の方が強かった。というより死の意識は無かったと云ってもよかった。現在は丁度その裏返しの様な案配だ。
なにか思いついても、死んだら何にもならない、止めとくかとなる。
ETCは来年のさざん会を引き受けた手前、開催地に何度か足を運ぶことになろうからと、その準備の為だったが、やはり早とちりだったか。半年もまだあるのだから、自分ながらあきれる決断である。

喉の痛みがほとんど完全に取れた。うがいがよかったか、風邪薬が効いたか、終日寝たのがよかったか、熱は始めからなかったので、風邪ではなかったのかもしれない。ともかくもよかった。
下着に、オープンシャツに、ジャケツと毛のチョッキ、その上に綿入れのちゃんちゃんこと完全防備だから、今日などはストーブも何も要らない。
靴下はゴムのはいっていない今はやりのものを、寝ても覚めても履いている。それでも足の先はちょっと冷たいのだが、保温効果は抜群である。これは世の老人にすすめたい。ゴムがないからうっ血する怖れは無い。

昼前にデパートに行き、食事をする。買い物も少々する。
高曇りで終日しゃんとしない天気。夕方には太陽が元気無く顔を出しはしたが。

最近は寝て本を読むことが多くなったのだが、いろいろ工夫しても先ず腕が疲れるし、この頃では左手の指が屢々痙攣を起こし、痛くて仕方がない。何か寝ながらにして読める本の置き台みたいのものはないか、あちこちで捜しているのだが、どこにもない。太い針金かなんかで自分で作れないかなあと考えているところだ。

寒い中で日記をつけていたら、鼻水が出て来た。やはり風邪気味かな。

|

« 半病人 | トップページ | 点滴のおかげ »

コメント

ATMじゃなくてETCじゃない?
高速道路のシステムは。
ブログ見てます。風邪はよくなったみたいですね。寒くなりましたから、お大事にね。
おかあさん共々気をつけて、我が家はなんとか風邪からは遠ざかっています。無気力病かな?
年末はいつもですけど…

投稿: 千代 | 2007年12月20日 (木) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17419497

この記事へのトラックバック一覧です: 喉は良くなったが鼻水が:

« 半病人 | トップページ | 点滴のおかげ »