« 義弟死去 | トップページ | 義弟に奪われた天皇誕生日 »

2007年12月22日 (土)

お経

12月22日(土)雨
昨夕から引き続いての雨。旱天が続いたので植物には救世の思いだろう。
田丸のお通夜は午後6時からローゼアホールで行われるということで、婿が迎えに来るからと電話がある。
やはり老人に夜運転は不安なのであろう。
もう自分が思うほど人は信用してくれない。

ETCとATMを間違えてブログに書いていると、千代からコメントが入っている。すぐ直したが何の気なしに簡単な間違いをしでかす。これも歳のせいだ。

家内はせっせと葬式などの衣類改めをして、私にあれこれと指図する。

身の回りから抜け落ちるがごとく、順番通り死んで行く。
もうかなり遠くまで見回しても私の上はいないようだ。三生さんは同年でも少し下だ。順番を狂わせてくれた。
願わくば順番通り逝かしてくれ天の神よ。

午後4時婿が運転して家まで連れに来る。式場は新築らしい葬祭館で設備が美しい。
時間的には早過ぎて、7時からの枕務めまで随分待たされる。
私にはこんな形式がどうも気に食わん。が他人のすることだから仕方がない。

久しぶりに遠くから現れた親族に私としてはもう最後の顔合わせとなることだろう。それを思うとはっと目がうるむのを自覚する。

御経勤めが終わって、食事が出る。滅多に会えないと思うと今度は思わず饒舌が出る。
ブログやユーチュウブなどの言葉が出ると、コンピューターのシステムエンジニヤーをやってる姪の子供が、席を変わって私の前に現れたりする。

8時婿がさぬきうどんに案内する。満腹になって家に帰る。降り止まぬ雨の中を、婿には気の毒だった。

|

« 義弟死去 | トップページ | 義弟に奪われた天皇誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17447018

この記事へのトラックバック一覧です: お経:

« 義弟死去 | トップページ | 義弟に奪われた天皇誕生日 »