« 義弟が心配 | トップページ | 入院あり死去あり »

2007年11月14日 (水)

巨大都市上海

11月14日(水)晴れたり曇ったり
三生さんの病気はひどいことにはならなかったらしい。
妹から騒がしたねと電話が入った。喀血量も少なかったし、大学病院の手当もよかったとのこと。近いうちに元の病院に戻されるそうな。
もっとも遅かれ早かれもう覚悟しておかねばならない。
あちらでもこちらでも不安な話は飛び込んで来る。老人多数社会だから驚くことはないのだが。

死といえば稲尾大投手が亡くなった。70歳という。若過ぎる。
日本シリーズで巨人に3敗から4連勝さして、逆転優勝を決めたときの彼の働きは忘れられない。7戦のうち6戦に登板したのだから恐れ入る。さよならホームランも打っている。正に不世出といってよい。松坂もまだまだと言いたい。

総合病院に行き、薬が少し増える。大分よくなったのだが、その後の経過を良くする為のものだという。
もう二十年も良くなったり悪くなったりを繰り返し、だんだん悪い方へ向いてるようだから、その判断は正しいかも知れない。孫ぐらいの年齢の先生だが、馬鹿には出来ないし、するつもりも無い。神妙に受けたまわった。

昨日は某クレジットカード会社が更新カードを思わぬ時に送って来た。既に前のカードが期限切れになって使えなかったので、別に貯金引き出し専用のカードをわざわざ申し込んだばかりだった。改めて電話してみると新しく申し込んだ方で取り消ししているから、使えないだろうという。変な感じ。試しに使ってみてやるかな。
これも年金問題の亜流になりそうな問題だ。

サンケイを見ていると、巨大都市の憂鬱というコラムで、「上海の超高層ビル(20階以上)の数が4762棟で、日本全国の超高層ビルの数を超えている」と出ていたが、唖然とする。十数年前に行った時は盛んに工事中だったが、もうそんなになったのかとそのバイタリティに感心する。やはり中国人は凄いと思う。アメリカを凌ぐ経済力を持つにいたることは今世紀中には間違いないだろう。

|

« 義弟が心配 | トップページ | 入院あり死去あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17070048

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大都市上海:

« 義弟が心配 | トップページ | 入院あり死去あり »