« 別れの言葉入りDVDアルバム | トップページ | サッカーまだ分からない »

2007年11月17日 (土)

問責決議をやるがいい

11月17日(土)晴
天気晴朗なれど風強し。
冷たい風が二階の窓から下の座敷に絶え間なく吹き下ろして来る。開いてる戸障子を慌てて閉めて廻る。昼前後が特にひどい。

福田首相がアメリカ訪問からもう今晩は帰国するという。日米同盟の確認と遂行を決意したのか。19日の議会に登場することは間違いない所。
テロ特措法の成立に向けて全力投球を覚悟したかに見える。
参議院の否決,衆議院の再可決,そして参議院の問責決議、そうして小泉の様に衆議院を解散、信を国民に問うか。
筋道が見え見えだが総理にそれだけの度胸があるかどうかだ。

民主党に今ひとつ政策に歯切れが悪く、国民の期待に向き合うものが見えない。がっかりした烏合の大衆がそっぽを向きそうな気配でもある。一か八かやって欲しい。国民はどちらでも大差ないと感じているのだから。

岩国市議会は4度目の予算案否決をした。意固地な市長と議会とどちらが勝つか。これも面白い。
市民の為にはほんとはどちらが役に立つのか。何事も百%得なことはどこにもない。

明治維新戦争には私の先祖も駆り出されという。岩国に生を享けていたため庶民の区別無く徴発されたためである。
岩国はそんなお国柄なのである。今度の大戦が始まると否応無く飛行場に取られ,兵学校が出来、軍のお役に立てさせられた。それが尾を引いていることは間違いない。
戦後産業誘致に飛行場も皆工場にしていればこんなことにはならなかっただろう。やはり宿命みたいなものだ。

飛行機には永年慣れ親しんでいる。何処か他へいってくれといっても、名指しされた所はとんでもないというだろう。
飛行機も自動車と一緒で利用の仕方でいくらでも得策が生まれるのではないか。他が羨む様な。
問題は戦争を起こさないとことが一番だ。どこにいても困ることは一緒だ。

|

« 別れの言葉入りDVDアルバム | トップページ | サッカーまだ分からない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17098430

この記事へのトラックバック一覧です: 問責決議をやるがいい:

« 別れの言葉入りDVDアルバム | トップページ | サッカーまだ分からない »