« ささやかな紅葉狩り | トップページ | 女に孤独は無い »

2007年11月29日 (木)

韓流ドラマ

11月29日(木)曇
先日から家内が新しい韓国ドラマが近く始まるから、録画してくれと何度となくいう。忘れてもらっては困るという訳。
これがハイビジョン放送なので、デジタルチューナーのついていない家内のテレビでは録画出来ないのである。
NHKも普通の衛星テレビにしてくれれば問題ないのに、気の利かないことである。

家内の韓流贔屓は大したもので、膏盲に入りかけている。韓国へも行って来いというのだが、つれがないといけないという。沢山の弟妹も誘っても駄目らしい。勢いドラマの見物ということになる。
すでに「冬のソナタ」を始め数多くのビデオを揃え、暇をみては楽しんでいるらしい。
昨日、今日の新聞を見ると、韓国の映画製作への力の入れ様は大変なもののようだ。宏大な敷地に映画製作の為のあらゆる施設が国の力で造られ,映画会社はほとんど無償で利用出来るらしい。さもありなんと感心する。
しかもその施設群を観光に訪れるのが,日本オバタリアンとある。
かって京都太秦の映画村を見物したことがあるが、ちゃちなもの過ぎて驚いたことがある。
韓国のそれは凡そ桁違いらしい。日本も防衛ばかりに無駄金を使わないで韓国を見習ったらどうだろう。

映画産業はアメリカのものだとの永年の思い入れがあったが、昨今は国際交流も盛んだし,何処の国のものでもその国の特色があって面白い。国が力を入れても、いろんな意味で値打ちがあるのではないか、NHKあたりに任せて足れりとすべきではないのではと思っている。

|

« ささやかな紅葉狩り | トップページ | 女に孤独は無い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/17224169

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流ドラマ:

« ささやかな紅葉狩り | トップページ | 女に孤独は無い »