« 藤沢周平の小説 | トップページ | 野球千秋楽 »

2007年10月12日 (金)

栗飯

10月12日(金)晴れたり曇ったり
快晴の夜明け。明るい日光が部屋いっぱいに射し込みいやでも目覚めさせる。気温17度。
寝床の中で、どこかへ出かけたいなと思ったりする。
しかし8時過ぎには北の空から雲がああっという間に張り出して来て、9時には一面曇り空に変わる。秋の空は女心というが。

FMのショパンのピアノ協奏曲第1番の六重奏曲版を録音したけど、コンピューターが嫌って失敗に終わる。良い演奏だったのに残念だ。

日本は昔から外交が下手だと言われる。言葉の感覚にある曖昧さが原因と思われる。国民性かも知れない。

拉致問題は解決済みだと北朝鮮から言われ続けて久しい。
後から後から、提示し続ける日本にも問題がありそうだ。

終日晴れたり曇ったりと天気も慌ただしい。午後4時を過ぎてやっと青空になる。雲は南の空に片付く。

次女が今晩夜行バスで帰って来るという。まだ若いから元気だが、バスで寝てる間に運んでもらえるというのは着眼がいい。親の方も見捨てられていないという確認が取れて有難い。

近所で栗を貰ったので,栗飯を作るという家内の皮むきの手伝いをする。2人でやればやはり早い。
夜は早速栗飯。珍しく、おいしい。

|

« 藤沢周平の小説 | トップページ | 野球千秋楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/16739717

この記事へのトラックバック一覧です: 栗飯:

« 藤沢周平の小説 | トップページ | 野球千秋楽 »