« アヘン戦争 | トップページ | 写真アルバム »

2007年10月24日 (水)

華南の虎

10月24日(水)曇
今朝のサンケイ新聞に華南の虎のことが写真入りで出ている。漁師が何十枚も写した一枚だというのだが、真偽の程が疑われて騒動になっているいう。
私も戦争中湖南省で捕虜抑留中、近郊の農民が虎に肩から背中を掻き破られて、部隊の医療部に担ぎ込まれたことがあった。
その挙げ句直ぐ近所の山だというので、山狩りをすることになり、住民等何百人と一緒に包囲して終日追ったことがあった。私自身も獣道を走り回ったが、とうとう出くわすことは無かった。
今考えるとぞっとする様な話だが、戦い敗れて明日が知れぬ、若き日の私はもうなる様にしかならぬと自暴自棄に陥っていたのだろう。こんな虎が現れたら危ないものだった。

武漢から百キロぐらい南西の咸寧県というところだったが、あんなところに虎が居るなんて話を聞いたことが無いと、数年前通信フォーラムで岳州の大学に留学した経験のある日本人に疑問を呈されたことがあったが、未だにこうして話題が提供されるほど、中国は広いということである。

午前中に膝の治療に医者に出かける。家内も東広島記念病院がリウマチ治療の権威であることを掛り付けの医師より聞いて一度診察を受ける決意を固める。老人だからある程度は致し方ないが、何より現状より悪化することを恐れている。

(下の写真は産経netviewから転用)
Chiniestiger

|

« アヘン戦争 | トップページ | 写真アルバム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/16859436

この記事へのトラックバック一覧です: 華南の虎:

« アヘン戦争 | トップページ | 写真アルバム »