« 瀬戸の夕凪 | トップページ | 福田の勝利と日本の今後 »

2007年9月22日 (土)

麻生太郎及ばざるか

9月22日(土)曇後雨
早朝5時過ぎ突如大きな雨音、驚いて目覚め開けていたガラス戸を急いで閉めて廻る。
2、3分もすれば止む。もう眠れない、うとうとしながら夜明けを待つ。

午前中家内はお茶に行く。今日は小学生のお茶作法指導があるとか。

新聞報道では自民党総裁選挙は福田が議員、地方代表とも優勢で、圧勝するだろうという。大派閥が雪崩を打って福田についたのでは仕方がないだろう。
民主党との党の性格の差ももこれではっきりし、国民の目からもよく見えて、次の衆議院選挙戦もそこらあたりが焦点になるかもしれない。

朝の間、雲が深くからっとした空でないだけに、かんかん照りではなく、いくらか過ごしよい。
今朝からどうしたわけか腰が痛い。とりあえずサロンパスのお世話になる。
なかなか効かないので午後痛み止めを呑んでやっと楽になる。

昼前からとうとうかんかん照りになる。秋などというものではない、真夏といっても可笑しくない。
田丸の義弟がまた入院したので、保証人になるよう頼まれ、郵便局が休みなので本局に行き保証書類を速達で返送しておく。

夕方雨になり暑気やややわらぐ。

|

« 瀬戸の夕凪 | トップページ | 福田の勝利と日本の今後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/16535054

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎及ばざるか:

« 瀬戸の夕凪 | トップページ | 福田の勝利と日本の今後 »