« 安倍首相退陣 | トップページ | パン焼き »

2007年9月13日 (木)

安倍首相のメール

9月13日(木)晴
安倍総理からのメールが入っていた。辞任の弁である。以下に記す。
____________________________
こんにちは、安倍晋三です。
内閣総理大臣の職を辞することを決意いたしました。
 7月29日の参議院選挙の結果は、大変厳しいものでしたが、改革を止めてはいけない、戦後レジームからの脱却の方向性を変えてはならない、との思いから続投の決意をし、これまで全力で取り組んできました。

 また、先般のAPEC首脳会議が開催されたシドニーにおいて、テロとの闘い、国際社会から期待されている、高い評価をされている活動を中断することがあってはならない、なんとしても継続していかなければならない、と申し上げました。

 国際社会への貢献、これは私の「主張する外交」の中核であります。この政策は、なんとしてもやり遂げていく責任が私にはある。こうした思いで、活動を中断しないために全力を尽くしていく、職を賭していくと申しました。

 テロとの闘いを継続するためには、あらゆる努力をする。環境づくりについても努力しなければならない。一身をなげうつ覚悟で、全力で努力すべきと考えてまいりました。

 そのために、私は何をすべきか。

 局面を転換しなければならない。これが私に課せられた責任であると考えました。

 改革を進めていく、その決意で続投し、内閣改造を行ったわけですが、今の状況で、国民の支持、信頼の上で、力強く政策を前に進めていくのは困難である。ここは、けじめをつけることによって、局面を打開しなければならない。そう判断するにいたりました。

 新たな総理のもとでテロとの闘いを継続していく。それを目指すべきではないだろうか。今月末の国連総会へも、新しい総理が行くことがむしろ局面を変えていくためにはよいのではないか、と考えました。

 決断が先に延びることで困難が大きくなる、決断はなるべく早く行わなければならない、と判断いたしました。

 無責任と言われるかもしれません。しかし、国家のため、国民のみなさんのためには、私は、今、身を引くことが最善だと判断しました。

 約1年間、メルマガの読者のみなさん、国民のみなさん、ありがとうございました。

 この間にいただいた、みなさんの忌憚のないご意見、心温まる激励を、私は決して忘れません。

 私は官邸を去りますが、改革、そしてテロとの闘いは続きます。これからも、みなさんのご支援をお願いします。(晋)
______________________________
昨日の与謝野官房長官の談話でもあったが、病気が高じたということもある。並の神経ではやっておられない劇職である。
当然覚悟してかかったのだろうが、少し巡り合わせが早すぎた。親父さんは遅すぎて寿命に間に合わなかった。
人気のバロメータが随分激しく上下した。任命した大臣どもの不始末が皆自分の責任として押し付けられた。
評論家の田原氏が云う様に、年金の問題なんかは小泉内閣で露呈してもよかった。小泉内閣が大騒ぎになったはずだ。
運が悪かったと云えばそれまでだが、やはり一片のワカザムライである。他人に押し付ける老かいさはまるでなかった。
同情するものは多い。しかし総理は同情されたのでは勤まらない。
最終的には、功業も不名誉も総理するものに帰結する。もって暝すべきか。

快晴で昼中は暑くて夏と変わらない。ただ陰に入るとぐっと涼しい。やはり秋だ。
午後5時。鐘の音が響く。9月11日から毎日鳴る。同時テロの警鐘かと思ったがそうではなく、単なる時鐘を市役所あたりがならしているらしい。
もっとも同時テロはアメリカの問題。原爆記念日の時鐘は日本の問題。よその国の事で鐘をつく訳はない筈だな。
とかく勘違いが多くなる。老いぼけのせいか。

|

« 安倍首相退陣 | トップページ | パン焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/16435194

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相のメール:

« 安倍首相退陣 | トップページ | パン焼き »