« 福田二世内閣誕生 | トップページ | 子供の元気を貰う »

2007年9月26日 (水)

思いがけない来訪

9月26日(水)晴
午前中福田康夫内閣が正式発足。
家内は己斐までマッサージに出かける。

林君に手紙の第2弾を書いて送る。
彼と私の巡り会いが何時頃だったか気になるので、過去の写真や日記帳でしらべる。
44年前の昭和38年の会社の慰安旅行に同行している。スナップが2、3枚残っている。
日記では昭和38年の日記に彼の業務行動が沢山載っているが、10月14日には退職している。18日に送別会をしたことまで書いている。入社した日はわからないが、前年の12月8日に私と彼ともう一名が販売店回りに同行出張していることが記録されている。その年の2月の会社の職制には名前が載っていないし、業務記録もないので秋頃入社したのかも知れない。
これから見ると僅か一年間私の下で仕事をしたことになっているのだが、想い出としてはもう少し強く記憶に残っている。
こまめによく仕事をしてくれ、お得意さんからうちに譲ってくれとまで云われたくらい有能ではあったが、考えてみると私の色々携わった仕事の中で、こんなに短時間なのに此れ程印象が強く残っている男を知らない。
彼も高校を出て間もない頃、私に付き従って仕事をおぼえたことを感謝し、記憶し、40年も経って忘れずに謝意を表しに現れるなどということは始めての経験である。

古い職場で一緒に過ごした者たちが、謝恩を兼ねて集ってくれたりしたことは何度かあるし、また何十年も年賀状をくれつづけて、消息を知らせてくれてる者もあるが、わざわざ遠方から途を迷いながら突然訪ねてくれるなどとは、こちらが驚きあわててしまった。今改めて対応が間違っていたのではと危惧の念にさいなまれている。
丁度過去の記録と写真を見つけたのでコピーしたりして、送ってやると同時に再度お詫びともう一度の来訪を願って書いた訳である。
Kaikespring
In_daisenji
The_daisenji

|

« 福田二世内閣誕生 | トップページ | 子供の元気を貰う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/16580963

この記事へのトラックバック一覧です: 思いがけない来訪:

« 福田二世内閣誕生 | トップページ | 子供の元気を貰う »