« ロータリーエンジン | トップページ | 盆の里帰り »

2007年8月10日 (金)

蟻と掃除

8月10日(金)晴
今朝5時半目が覚めて,ふと見ると部屋の片隅にあるゴミ箱の周辺が真っ黒くなっている。何かなと目を近づけると蟻の大軍。これはと驚いて用意してある殺虫剤を振りかけて一網打尽にする。
そのまま眠れないのでテレビをつける。
やはり猛暑が1週間は続くという。帰省ラッシュが始まり、又あらたな成り済まし詐欺のニュースが伝えられる。
やられるのは八十過ぎの老人ばかり、人ごとではなさそうだ。

家内の手足の痛みが取れないので,今日もまた三菱病院につれてゆく。今日は割と込んでいて昼近くまでかかり、帰りは途中のアルパークで食事をして帰る。

テレビの報道では12日は最高の帰省ラッシュになるとのこと、娘らの事が心配でたまらない。無理して帰ることはないのだが。
私が28歳の時30時間かかって東京から帰郷したことがあったが、あの時は列車で、関ヶ原の大雪のために遅延したのだが、渋滞も似た様なもの、気をつけるも何もただ我慢する以外に無い。
普段仕事で疲れているのに気の毒なことだ。こんどは帰りもあるのだから。

午後4時半部屋の中が不潔なので蟻が入って来るのではいかと思いつき、急遽洗剤と水で部屋のタイルをぞうきん掛けする。空いてる所だけなのに終わったときはふらふらする。重労働である。
汗ぐっしょりになったので、シャツを脱いで物干し竿に掛け、テラスに椅子を出して裸のまま身体も干す。
夕方の風が涼しく生き返る。
家内は笑っていたが古川柳にもあるように正に男に生まれた醍醐味である。

|

« ロータリーエンジン | トップページ | 盆の里帰り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/16067278

この記事へのトラックバック一覧です: 蟻と掃除:

« ロータリーエンジン | トップページ | 盆の里帰り »