« 墓参 | トップページ | 甲子園の神様 »

2007年8月22日 (水)

佐賀北高校優勝

8月22日(水)晴
青空の多い、暑くなりそうな天気。
やや爽やかな風が吹き込み早朝は気持ちよい。

昨日湿疹の多さに驚いた担当医師が、アレルギー抑制の強い薬だと言ってくれた薬を昨夕、今朝と呑む。
あまり効いた感じはしないのだが、朝は眠気が取れなくて起き難かった。副作用の方が良く効くのかな。
痒いから掻くと、乾癬に転移するからと先生が注意をしてくれたのだが、掻かない訳には行きそうも無い。
全身に広がっているから無意識に手があちこちさまよう。

午後1時から第89回高校野球決勝戦が始まった。テレビに勿論釘付けである。
広陵が2回に2点を入れた後、毎回チャンスはつくるのだが、佐賀北の好守に阻まれてなかなか追加点が奪えない。これはひょっとすると1回のチャンスにひっくり返されるのではないかと、イライラしてみていた。
7回に漸く2点を追加したので、やれやれこれで優勝間違いないなと思ったのだが、魔の8回裏が昨日同様始まった。
昨日の菊川戦ではなんとか1点差で振り切れたのだが、今日は同じ様には行かなかった。
佐賀北で一番怖いバッター副島に打順が回ってしまった。逆転満塁ホームランという奇蹟が起きた。
87年の生涯でも、こんな大きな大会での決勝でこんなのを見たのは始めてである。
PL学園の清原が宇部商との決勝戦で、何本目かのホームランを打って競り勝ったが、乱戦だったからこれほどの印象はなかった。
一方的に押しまくられていた側の一発だから正にダイヤモンドの価値がある。

負けたのが地元代表広陵だけに悔しさが倍加する。
優勝する為には6戦、7戦しなければならない。やはり投手はこの暑い時に一人では無理だ。
佐賀北の2枚看板が物を言った。同じ力の主戦投手が2名以上いるということだ。
将来に亘ってこの教訓は残るだろう。
Osk200708220065
8回裏、1死満塁で佐賀北の副島が左越え満塁本塁打を放ち、逆転した〜朝日新聞より

|

« 墓参 | トップページ | 甲子園の神様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/16202559

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀北高校優勝:

« 墓参 | トップページ | 甲子園の神様 »