« 佐賀北高校優勝 | トップページ | アルゼンチン蟻 »

2007年8月23日 (木)

甲子園の神様

8月23日(木)曇
夕立模様で時に雷鳴が轟いたりして落ちつかない。
夜中に降ったらしくしっとりと濡れている。庭に出ると気づかぬぐらいの小雨が頬にあたる。

朝のテレビで盛んに昨日の劇的逆転ホームランが繰り返し報道され、佐賀地元の爆発的喜びが伝えられる。
その反対に広島の我々の無念さは益々高まる。永遠に歴史に残る逆転劇だろう。
以下のスポーツニッポンの素晴らしい紙面記事が語っている通りである。
甲子園の神の采配としか思えない。広陵高校ナイン・アンド・ファン以て暝すべきか。
____________________________

また「奇跡」逆転満塁弾で佐賀北V(スポーツニッポンより転載)

 第89回全国高校野球選手権大会最終日は22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝が行われ、佐賀北(佐賀)が8回に副島浩史内野手(3年)の満塁本塁打などで一挙5点を挙げて広陵(広島)に5—4と逆転勝ちし、全国4081校の頂点に立った。佐賀勢の優勝は94年の佐賀商以来、13年ぶり。決勝での満塁本塁打は同年以来、2本目だが「逆転満塁弾」となると史上初の快挙。大会中、さまざまな「奇跡」を起こしてきた地方の公立普通校。彼らこそが甲子園に最も愛されていた。

 【佐賀北5—4広陵】母なる甲子園は佐賀北ナインの味方だった。8回。1点を返して、なおも1死満塁。手拍子がわき、観客席のあちこちから声援が飛ぶ。異様とも言える雰囲気の中、副島は広陵・野村の投じたスライダーを強く叩いた。打球は大歓声に後押しされるように高く飛ぶ。左翼席に届いた。甲子園では何だって起こる。逆転の満塁本塁打に銀傘が揺れた。

 「球場全体が佐賀北を応援してくれているように感じた。言葉にならないくらいうれしい。信じられない。幸せです」

 開幕の福井商戦で大会1号を放った副島が、夏の大会通算30本目のグランドスラムで締めくくった。13年前の94年。佐賀商は開幕試合を制し、決勝では西原主将の劇的な決勝満塁本塁打で全国の頂点に立った。「凄いつながりを感じる」と副島は言うが、決勝で逆転の満塁本塁打を放ったのは史上初めてのこと。延長15回引き分け再試合、王者・帝京からのサヨナラ勝ち…。誰もが経験できることではなかった。

 副島は佐賀・城南中では今秋ドラフトで上位指名が確実視される高浜(横浜)を差し置いて4番を打った経験を持つ。しかし高校入学後は今年の佐賀大会まで公式戦の本塁打は1本もなかった。佐賀北ナインは全員が地元出身。そして全員が中学時代に軟式の経験しかない。全員が甲子園で大きく成長して優勝した。副島が眠っていた才能を呼び起こされたように、しゃく熱の甲子園が普通の高校生を日本一の球児に育て上げた。「野球の神様が味方をしてくれた。佐賀商のビデオを見ているようでした」。こう言った百崎監督は「信じられない」を連発した。

 特待生問題で揺れた89回目の夏。高校野球の在り方が問われた年に、公立の普通校が深紅の大旗を手にしたのは象徴的でもある。副島は言った。「ウチはプロに行くような選手はいない。チームが1つになって勝ってきた。それが高校野球だと思う」。73イニング、16時間11分。全国の高校球児たちで最も長い夏が終わった。
[ 2007年08月23日付 紙面記事 ]
_______________________________
Homerun

(中国新聞より)
___________________________________________________________
家内が依然として手足の痛みを訴える。
炊事の事何一つ知らないこの身では、どうすればいいかだだあたふたするのみである。
牛乳がないというから、一人で車を飛ばして近くのスーパーで適当に買って来る。

|

« 佐賀北高校優勝 | トップページ | アルゼンチン蟻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/16213275

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園の神様:

« 佐賀北高校優勝 | トップページ | アルゼンチン蟻 »