« アルツハイマー病 | トップページ | 久間発言 »

2007年7月 3日 (火)

核家族で良いのか

7月3日(火)曇
灰色の雲を透して日が射し込む。蒸し暑さ限り無し。
東京の娘から岡山の白桃を送って来る。東京の中元は1ヶ月早い。

Mac Fan誌の定期購読の請求が来ていたので、郵便局に払い込みに行く。
ついでに近くのスーパーでパン牛乳ジュースなど買い込んで帰る。決まりきった物なら私でよい。

家内の健康がこのところ大変心配だ。
昨年までは意気軒昂で、海外旅行を何件か計画していたのに、現状ではどこにも行けないと弱気である。
昨年末折角旅券も更新したが、今の所役に立たない。
本人も一生懸命努力している風だが、80歳近くなるとなかなか思う様に効果が上がらない。
じーっと我慢してると、努力するより却ってよくなることが多いのだが、(私の経験では)なかなかアドバイスしにくいものだ。何もするなといううわけだから。
さしあたり、去年から計画していた、カナダや韓国行きは断念したという。
これらは娘同伴の計画だったから、娘もがっかりだろう。
老人は二人揃って元気でなくては何にもならない。揃って一人前だが、揃わねば0人前以下になるのだから。

私の友人連中で家内に病気をされて、同窓会に出席出来ない者が何人もいた。近くに子供が居ても、核家族社会で子供らも一家の責任があり、それを宛てに出来ないという。子を作ろうにも親が宛てに出来ないお返しである。困った社会になってしまった。

|

« アルツハイマー病 | トップページ | 久間発言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/15638629

この記事へのトラックバック一覧です: 核家族で良いのか:

« アルツハイマー病 | トップページ | 久間発言 »