« あじさい | トップページ | 私にも父がいた »

2007年6月26日 (火)

年金は敗戦のとがか

6月26日(火)曇
予報では天気が回復して暑くなるというのだが。
朝からひどく蒸し暑い。

安倍内閣の評判が悪いのは社会保険のせいだといわれ、参議院選挙もあぶないというが、これは可笑しい。
社会保険は今に始まったものではない。60年前いや戦争中から始まったらしい。私も戦後強制的に入らされたけれど、今になってこんなに役に立つとは思いもかけなかった。
考えて見ると、訳の分からぬ事務員さんが、いい加減に給料からさっぴいて、納付書で納付していたのだが、はじめは取られるばかりだから本気でやるものはいない。ただ健康保険と込みだったから仕方なく黙っていた。
小さい企業になると、さっぴいただけで納付しない。会社の利益に繰り入れたりする。
まったくいい加減な物で、将来又戦争でもはじまると何の役にも立たなくなると、期待どころか損をするばかりと不評な存在だった。
従って国民全部が期待していないのだから、うまく機能する筈がない。役人も悪かったかも知れないが、現在の様なコンピューターがあるわけではないし、手間ばかり凄くかかるこんな制度を持続することそのものに無理があった。
性善説に立てば、5千万の人間の面倒見るのが至当かも知れないが、現世の如く性悪説を取らねば行政は成り立たない時代に何を馬鹿なことをと、安倍さんのまじめな応答に呆れる。時効を中断してまでやる必要があるのか。
5千万の人間がいい加減に考えてたから今がある。自分の責任ではないのか。
年金以上に経費がかかり、また増税というのではこちらがやりきれない。
敗戦国日本にはまだまだ過去を穿ればやることは沢山ある。
ねじ曲げられたことも多い。私なども命を投げ出して働いて、家財産すべて木っ端みじんになったが文句の一つも言った覚えはない、
すべて戦争の、敗戦のせいとして片付けられない物か。

|

« あじさい | トップページ | 私にも父がいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/15564967

この記事へのトラックバック一覧です: 年金は敗戦のとがか:

« あじさい | トップページ | 私にも父がいた »