« 五・一五事件 | トップページ | 孫娘の結婚 »

2007年5月16日 (水)

腹が痛い

5月16日(水)曇
家内の買い物のお供で近くの百貨店へ行く。
主目的は孫の結婚式の祝のお金を銀行から引き出し、のし袋を用意し、式の時の扇子を買うのだという。
扇子などそこらあたりにいくつもあるのではというと、式用のが特別にあるのだという。
私も娘らの式に使ったのだろうが、特別なものを用意した覚えは無い。えらく作法が難しくなったんだなと思う。
ついでに中の食堂でチャーハンセットを食べたのだが、あちこち引き回されていうるちに腹が痛くなる。
なにかあたったのかも知れない。
とにかくダウンして家に帰るとそのまま寝込む。
悪夢に驚いて目覚めると、外は雨になっている。なんだか薄ら寒い。体調は戻らない。下痢する様子でもない。
身体全体が痒いからやはり中毒かもしれない。

菊谷君が先日の同窓会のスナップを数枚送って来る。相変わらずこまめなことだ。家内も感心している。
坊主というのは人の牛蒡で法事をしていると嘲るのだが、彼の様に真摯に他人のことにかかわるというのは、受動的でないだけに天性を感ずる。寺や宗教から離れて飛んでいる。見事なものだ。

本間君がまた手紙を呉れ、来年のさざん会について、随分心配になると見えて、下関の浜井君を交えていろいろ協議したようだ。
結論は山口を外して、どうするか協議して欲しいとのことだが、その次にはやるのかは書いてないのでわからない。
それが分かればどこかに引き受けさせることもできるだろう。最後の最後はやはり母校のあった山口にしたいのが、皆の本音ではなかろうか。Old_yamaguti

|

« 五・一五事件 | トップページ | 孫娘の結婚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/15092068

この記事へのトラックバック一覧です: 腹が痛い:

« 五・一五事件 | トップページ | 孫娘の結婚 »