« 糞尿譚 | トップページ | 日記から »

2007年2月 1日 (木)

老体の痛み

1年前の1月31日のブログを見ると、”往生への道”と題して手の不調を訴えている。
今年は今度は足がおかしい。右足の足首の外側から膝関節の外側に掛けて、しびれて感覚が鈍い。
格別痛むのではないが、隔靴掻痒の感があって、なんとも頼りない。
もう気づいてから3日くらいになるのだが、依然として変わらない。
やはり往生への道程かもしれない。
そう云えば去年は左手の指が痛かったのだが、今年は右の指が寝ている時鈍痛がしておかしかった。左手は何ともなくなったのだが。
生身の身体はいろいろ勝手に活動して、意志に反した痛みを感じたりするものかもしれない。
足のしびれが、さしあたりどう推移するか、見物だなと老人らしく高見の見物をしている毎日である。

|

« 糞尿譚 | トップページ | 日記から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/13741531

この記事へのトラックバック一覧です: 老体の痛み:

« 糞尿譚 | トップページ | 日記から »