« またココログ製本 | トップページ | 春未だし植物園 »

2007年1月28日 (日)

夏蜜柑取り

天気がちょろちょろ変わる不思議な一日。
妹が夏蜜柑をやるから、もぎに来いと家内に電話がかかる。
早速支度をして車で出かける。昼前なので途中のスーパーに寄って寿司など食料を用意して行く。
着いてみるとなるほど沢山なっている。
みかん箱3杯くらいすでにもいでいるけど、後がまだ木の上の方に沢山残っている。
取りあえず食事を済ます。
予め云われた通り有り合わせの箱を準備して持参したのでそれにどんどん取ってはしまい込む。
妹があらかじめ脚立を樹下に固定してくれたので、それに登って作業する。老骨にはちょっと冒険ではあるが仕方がない。
3人で小1時間かかってなんとか全部取り込む。5百個は下るまいと思える量である。
よくもまあこの狭い庭に育った1本の木にこれほどと呆れる。昨年少なかったからその反動だろうという。
一番上の方はカラスにつつかれていたが、酸っぱいので数は少ない。甘みが増して来ると被害は大きくなりそうで今が適期と妹は云う。
大きな箱に1箱貰ってかえる。老夫婦では処理し切れんので、息子や娘らにも送ってやらなきゃと、張り切る当年85歳になった元気な妹である。

|

« またココログ製本 | トップページ | 春未だし植物園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/13691359

この記事へのトラックバック一覧です: 夏蜜柑取り:

« またココログ製本 | トップページ | 春未だし植物園 »