« 文字と語り | トップページ | 今のパソコン »

2007年1月14日 (日)

久井の岩海

いつだったか大分前にテレビで紹介されて一度見ておきたいと思っていたのだが、たまたま昨日家内が天気が良いから足慣らしにどこか歩いて来ないかというので、それでは三原市の”久井の岩海”を見に行こうと誘う。
家内にはあまり興味はなさそうなのだが、強引に連れ出す。
宇根山という山の中らしいから、先日降った雪が気になるのだが、日数が大分経っているから大丈夫だろうと決行する。
もう昼近くなっていたが、五日市ICから高速道に入る。小谷SAで昼飯を食って、三原久井ICまで行き下りる。
出口の料金所で岩海を見に行くのだが雪は大丈夫かと尋ねる。3日ばかり天気がよいから心配ないですよと答えが還る。
15、6キロ行って、入口の表示も云われた通り見えたのでそこから道を折れる。5キロ先と書いてある。あちこち山蔭に雪が見える。
だんだん一車線の無舗装の田舎道に入って行く。向こうから車が来たらどうにもならんなと恐る恐る進む。道路にも車に融かされた残雪が転々と掃き寄せられている。凍りでもしたらスリップして大変だと怖くなる。

やっと岩海表示の入口に着くと10台ばかり置けそうな駐車場があり、先客が一台止まっている。
車を降りて山道を歩いて行く。道は一応滑らない様に荒舗装してある。
百米も行かないうちに眼前にごろごろと大きな岩の群れが帯状に山の頂上まで広がる。
看板の説明を見ると巾65m,長さ550mという”ぜにがめごうろ”というのがこれらしい。他に”なかごうろ”、”おおごうろ”、”こごうろ”と全部で4ヶ処あるようだ。
残雪を踏みしめ、ぬかるんだ枯れ草の上を行くのだから、全部はとても廻れない。
他は樹間に透かし見しただけで,満足して帰る事にする。

大昔大きな岩盤だったのが、自然の気候変化によって、分解し丸くなったのだそうで、学術上大変貴重なものだとある。
以前作楽神社というところで、小さな石が自然の力で固まってさざれ石になったという大きな石を見た事があるが、その逆の自然作用という事になる。そちらは伝説らしかったが、こちらの”ごうろ”は学術的裏付けがあるらしい。
元の岩盤の大きさは、広島市民球場の10倍もある日本最大規模のものと書いてある。

帰りはなんとか順調に広島まで帰る。
ところが広島の先で交通事故があり、ここで下ろされて市街道路を抜けてやっと4時頃家に着く。1時間損した勘定で、これでがっくり疲れが出る。
Img_0233
Img_0239
Img_0243

|

« 文字と語り | トップページ | 今のパソコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/13484886

この記事へのトラックバック一覧です: 久井の岩海:

« 文字と語り | トップページ | 今のパソコン »