« 献体落選 | トップページ | 夢かうつつか、まぼろしか »

2006年12月17日 (日)

チェンバロのこと

新イタリア合奏団のことを書いたブログで少し思い違いがありましたので訂正させて頂きます。
「2000人入る大ホールがぎっしり満員。」と書いたのだが、実際は1095人収容が定員だから、立ち見はなかったと思うから、大分オーバーな言い方でした。申し訳ありません。
イタリア製のチェンバロを輸入販売しておられる野村さんと云われる方からコメントいただきありがとうございました。チェンバロの音は2000人のホールでは無理だ、400人ぐらいが適当なホールの大きさだとの事、よくわかりました。
よく聞こえなかったのが、私の耳のせいではなかったことでは一応安心しました。
それにしても、主催者側ではその様な理解はされてなかったのでしょうか。
その点不満ですね。

|

« 献体落選 | トップページ | 夢かうつつか、まぼろしか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/13097929

この記事へのトラックバック一覧です: チェンバロのこと:

« 献体落選 | トップページ | 夢かうつつか、まぼろしか »