« 老人社会 | トップページ | 核拡散 »

2006年12月21日 (木)

騒音

我が家は最近音楽ホールに近い。
二階では私がずっと昔から、一階の応接間では最近家内が、どちらもFM放送やCDを掛け放している。
勿論二人とも好きなクラシックばかりである。
ところが最近耳が段々遠くなった関係上、ボリュームが以前よりうんと大きくなって来た。
時にはどこにいても、家鳴りしてドアやふすまがうなっている。
幸いに冬だから、外部には静かに漏れる程度で迷惑を及ぼす程ではない。
しかし時折の外からの来訪ベルや電話のベルすらも、聞き取れなくなってきた。
昨日も小包を配達に来た人が、窓を叩いて驚かしてくれた。

また時々聞き慣れたメロディが流れて来ると、家内はあれは何だったかと聞いてくる。昔はすぐ題名が出て来たのにとうるさく云いたてる。
近頃のFM放送は、新曲ばかりでなく、昔の曲でも比較的演奏されなかった曲がしばしば放送に取り上げられて、私自身も始めての曲が非常に多くなった。だからCDに録音するのも解説者の紹介も付けて録音するように努めている。
こうしておくと、突如投げかけられる質問も幾分緩和されるというもんだ。

いずれにしても、我が家の老人どもは、今や静寂とは無縁に過ごしている。

|

« 老人社会 | トップページ | 核拡散 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/13147359

この記事へのトラックバック一覧です: 騒音:

« 老人社会 | トップページ | 核拡散 »