« 縁台の夢 | トップページ | 一代限りでよい »

2006年12月 2日 (土)

テレビ映画

昨夜は滅多に見ない民放の映画を途中から突き射る様に見てしまった。
何だか馬鹿に面白かった。
題名は「ALWAYS 三丁目の夕日」という分かったような分からないようなタイトル。
配役は全部知らないものばかり。だが皆生き生きしていて、騒がしくそれでいて昔の長屋の人情が浮き出ている。
特に子供たちがうまかった。昔突貫小僧というのがいたがそれを思い出した。
今時こんな映画が作られていることに驚いた。
監督は山崎貴とあって、これ又聞いた事がない人。結構うまい作りで感心する。
民放だからCMのカットに苦労する。CMになると消音にする。20回以上あったろうから忙しい。
こればかりは全然興味がない。
終に続編がつくられるとか出ていたが、出たら又見るかもしれない。もっとも寿命があったらの話だが。

|

« 縁台の夢 | トップページ | 一代限りでよい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/12902273

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ映画:

« 縁台の夢 | トップページ | 一代限りでよい »