« チェンバロのこと | トップページ | 老人社会 »

2006年12月18日 (月)

夢かうつつか、まぼろしか

昨夜はなんとも解せない事が起きた。
夜中にふと目覚めると、何かぶーんと音がする。いつもは付け放しのラジオの深夜放送の声音で聞こえないのだが、たまたまラジオのスイッチを切って寝ていたので、深夜のしじまにいやに喧しくひびく。
何だろうととうとう気になって起き上がる。
いつも不使用のときは、スリープさせているパソコンから音が出ている。普段はスリープさすと扇風機の排気音は止まる筈なのにと、覗いて見る。パソコンの表面は真っ暗である。ひょっと表示灯に目をやると、豆ランプがついたまま動かない。通常は呼吸でもするが如く明るくなったり暗くなったするようになっているのだが、同じ状態のまま動かない。可笑しいなとキーに触れてみる。起動しない。
あれっ、可笑しいぞと何度も触れ抑える。全然反応がない。メインスイッチを抑えても駄目だ。
故障だ!
なんで!昨夜使用を終わる時にはなんでもなかったのに。
どうしよう、この忙しい年末に修理に出しても来年になるだろう。今パソコンがないと困るなあ!
まあ、もう一つの古いパソコン引っ張り出して、さしあたり何とかなるか。
あれこれ考えながら、明日のことにするさと、元線をコンセントから引き抜く。

今度はいつまでも寝付かれない。深夜放送も面白くない。
1時間も経ってから、まだ気になるので起き上がって、パソコンの電源をコンセントにつなぎ、スイッチを入れる。
ぶーんと大きな音を立てて起動する。
画面を見ていると、何事もなかったかのごとく普段通りの立ち上がりで,何等の警告もない。
まるで狐につままれた思い。
やっと安心して眠りについたのだが、今朝も変わりはない、ふしぎだなあ!Img_0151

|

« チェンバロのこと | トップページ | 老人社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/13108407

この記事へのトラックバック一覧です: 夢かうつつか、まぼろしか:

« チェンバロのこと | トップページ | 老人社会 »