« 雪舟展 | トップページ | 縁台の夢 »

2006年11月30日 (木)

市町村合併

長生きしてみると、人生いろいろ思いがけない事にぶっつかるものである。
先般は今住んでいる市が近隣の町を合併して随分大きくなった。同じ市のことでも、見た事も行った事もない所が、又増えたし、広すぎて市民の誰もが自分の住所域を、すべて見たり行ったりする可能性はほとんど無くなったと言ってよい。
その上、私の本籍地の市も大合併して、私の市の倍もありそうな程大きくなった。しかも完全に隣り合わせとなり、境界線は20キロ以上もありそうだ。
県も違うし、もともと何十キロも離れているので、流れ流れて私も他郷につびのすみかを持つ事になったかと感慨をおぼえたこともあった。が現在つい隣が故郷になったということで、今度は何か異様な身近さを感じざるを得なくなった。
今話題になっている道州制が実現して、更なる合併が行われたりすると、元の郷里の市ににいながらにして戻ってしまうことにもなりかねないなと、ますますもって妙な感じである。

大きな国では隣の家が何十キロも離れているといったことは珍しくないと聞いているが、今時こんなことを話題にするのが可笑しいのかもしれない。
親戚なども全国にいや全世界に散らばって住んでいて、死ぬまで逢う事もないといったことがザラに起こる時代だから。

|

« 雪舟展 | トップページ | 縁台の夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/12876068

この記事へのトラックバック一覧です: 市町村合併:

« 雪舟展 | トップページ | 縁台の夢 »