« 里帰り | トップページ | 佐久間艇長 »

2006年11月 7日 (火)

黒田投手

黒田投手がカープに残ることを決めた。
1950年カープ創設以来のカープファンの私には死に土産が出来たくらい嬉しい。
出来たら彼を中心に奮い立って、来年は是非優勝を勝ち取って欲しい。
金本を手放したのはほんとに残念だった。彼は阪神を優勝もさせたし、その累年に亘る貢献振りは申すに及ばない。又同じ撤を踏むのではないかと、随分心配したが、ファンの熱意と球団の誠意が通じて、彼も最後は男の決断をしてくれた。
しかしこのままではいけない。今年の日本ハムの如く、市民県民の猛チャージが必要である。
黒田を動かした如く、来年は挙って球場を盛り上がらせてもらいたい。

私も若き日、カープ存亡を憂いて、微力をそそいだことを思い出さずにはおられない。
県営球場は申すに及ばず、大竹、岩国、徳山など仕事の時間を割いてまで応援に駆けつけた日々があった。
50年前と較べたら応援になんらの支障もないではないか。
(写真は広島東洋カープ球団史より昭和50年の優勝パレード)Carp

|

« 里帰り | トップページ | 佐久間艇長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/12591731

この記事へのトラックバック一覧です: 黒田投手:

« 里帰り | トップページ | 佐久間艇長 »