« 格差 | トップページ | 私のパソコン歴 »

2006年10月 4日 (水)

経小屋山

好天気なので思い切って近郊のといっても今は市内の經小屋山に出かける。
頂上近くまで車で登れると聞いていたので、ムスビとお茶を用意さして家内と一緒に出かける。
標高6百米の頂上近く駐車場が整備されている。
展望台はほん30米も登れば良い。
すこしもやがかかってはいたが、眺望はすばらしい。
対岸の宮島はもちろん岩国・大竹の工場群が眼下に映える。
海峡に点在する牡蠣筏の幾何模様も美しい。

休日でないからか、登山者は他にリュックを背負って来た中老の夫婦が二人だけ。
もう蝉の声もない。地元からの音もほとんど聞こえない。閑寂そのもの。
腹ごしらえを済ますともう一方の峰に登る。一際高い羅漢山、三倉山、近くには大峰山など紅葉には未だ到らないが、山容を競っている。

暑からず寒からず老人には正に絶好の登山日和だった。Img_1348
Img_1349
Img_1351

|

« 格差 | トップページ | 私のパソコン歴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/12146501

この記事へのトラックバック一覧です: 経小屋山:

« 格差 | トップページ | 私のパソコン歴 »