« 蒲刈島の石灰 | トップページ | 老騒2 »

2006年10月26日 (木)

老騒

ここ数日身体全体が異常に痒い。
昼も夜も時を嫌わず痒い。何が原因か分からない。もちろん根元には乾癬がかかずらっていることは分かっているのだが、乾癬だけなら十数年も世話になってるのだから程度がわかる。
何か他の要因はというと思い当たる節は無い。格別違った食事をしたことも無いし、生活様式が変わったこともない。
不思議である。
3日前など顔も身体も膨れ上がった感じになり、夜寝ている間に掻いたとみえ、昨日朝起きてみると布団の上下、寝間着、下着全部転々と血痕だらけである。
家内が全部はぎ取って洗濯してくれたが、一度では済まなかったのでは。
いくら痒いぐらいでと言われても、役にも立たないこんな老人早く命を取れと叫びたくなる。

先月末注文していたブログ集の製本が送られて来る。早速予約を受けてた所から配布を始める。取りあえず見本のつもりで作らしたので、5冊注文したのだが、あっという間になくなる。
やはり本式の製本だから立派なものだ。
来年の生前葬にはその時点までのブログ集を製本して配布する予定だが、これなら中身はいざ知らず見かけだけは、お土産になるだろうと一安心。

|

« 蒲刈島の石灰 | トップページ | 老騒2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/12434905

この記事へのトラックバック一覧です: 老騒:

« 蒲刈島の石灰 | トップページ | 老騒2 »