« 墓参 | トップページ | サッカー日本 »

2006年8月15日 (火)

終戦記念日

今日は終戦記念日とお盆の中日である。
終戦の日は支那大陸の奥深く、湖南省と広西省の省境付近の山茶花林の中にいた。(全県と祁陽の中間)
住民の招待を受けて、豚料理に舌鼓を打っていた時かも知れない。
終戦を知らされたのは2日後の17日、隊長集合命令が下逹され、部隊長から伝達された。
停戦となったので、昼間行動で初期の目的地武昌に向かって早急に前進すべしだった。
従って終戦当日の記録も感慨も無い。
昨日今日敵機が飛ばないなと怪訝な感じがしてはいた。毎晩夜間の行動ばかりが続いていたので、昼間は草むらのしとねの上で、空を眺め暮らしていたのだから、すぐ気づくわけである。
停戦と聞いて喜び勇んだのは言うまでもない。
しかし間もなく敗戦を知らされ、武装解除されて小1年の捕虜生活が待っていた。
耐乏の生活は惨めだった。やっと帰国しても状況は変わらなかった。

61年後のこの豊かさは、私に取ってこの世の極楽といってよい。
間もなく死を迎える私にはあの世まで極楽であっては申し訳ない気持ちである。
戦後の悲惨なくらしがそうであったように、平和で豊かなご時世でも、必ずしも万人のためになっていない現実がある故に。

|

« 墓参 | トップページ | サッカー日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/11447742

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日:

« 墓参 | トップページ | サッカー日本 »