« 私の葬式 | トップページ | 我が家の盆 »

2006年8月12日 (土)

故地を捜す

「私の軍隊生活」などでweb上で何度も披露している私の想い出深い駐留地、「広東橋」をgoogleearthを利用して上空から捜すのだが、なかなかわからない。
4、5年前桂林に旅行したときも、飛行機が湘江上空を飛行したので、目をこらして捜したが皆目見つからなかった。
60年という月日は流石に長い。昔の公路(今の高速路か)もすたれて、路線変更されたらしく、その跡形が見えない。
現在は湘譚(Xiangtan)市街から真っすぐ南下して、衡山(Hengshan)の湘江対岸を経て橋を渡って市街に入っているようだ。地図でも大きな白い道路がはっきり見えるし,大きな橋も渡っている。

昔うねうねと続いた山中の道はもう無くなっている感じだ。
広東橋はその途中の山中のまっ只中だから、見捨てられてしまったのだろう。
江岸の当時から大きな市場のあった馬公堰らしき市街が見える。ここから4、5キロ内陸に入った所だったのだが。

有名な五岳の一つ南岳の麓町Nanyueは大きく見える。
作戦中は統集団司令部の所在地だったし、何度も訪れた景勝地である。

これら故地の住民たちも今は世代交代して、日本軍のことなど思い出しもしないだろうが、はるか空から眺めながら、魂魄となってさまよっている感覚である。Nanyue
New_road

Hengshannanyue

|

« 私の葬式 | トップページ | 我が家の盆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/11398256

この記事へのトラックバック一覧です: 故地を捜す:

« 私の葬式 | トップページ | 我が家の盆 »