« 死を待つ日々 | トップページ | 硫黄島の教訓 »

2006年8月24日 (木)

病院通い

月例の病院行き。
最近は一番に予約しているので、8時半になるとすぐ呼び込まれる。
先月の診察の後しばらく手指の変形痛みが続いて苦しんだが、月の後半になって変形が固まったと見え、変形したまま痛みがなくなった。
全体の症状も見事に治まったので、担当医師はチガソンと痛み止めの投与を中止すると発言。
なんだか不思議な気がしないでもないが、ともかく苦痛が減殺されることは歓迎だ。
治療費も半分近く減った。
9時前には帰宅出来たし、家内も音も無く早々帰ってきたのに驚く。
死期が近づいた気がしてたのに、自分の思い通りにはなかなか行かない。

|

« 死を待つ日々 | トップページ | 硫黄島の教訓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/11582596

この記事へのトラックバック一覧です: 病院通い:

« 死を待つ日々 | トップページ | 硫黄島の教訓 »