« 新京の古地図のこと | トップページ | カープ長谷川元投手死す »

2006年7月29日 (土)

ごきぶり

夜風呂から出て来た妻が、大きなゴキブリがいたので,殺虫剤で殺したという。最近では珍しく今年になって2匹目だという。昨年はホウ酸団子のおかげでほとんど出なかった。
再使用の必要がありそうだ。
なぜホウ酸団子がよく効くのかと調べてみると、あれを嘗めると水分がなくなってひからびてしまうのだそうだ。

私の一家は永年流転の生活を送って来たので、さまざまな家に住んだ。
どこにもゴキブリがいたが、廣島の香護山にいたときは凄いものだった。ぞろぞろと昼でも遠慮なく出て来た。
引っ越しの度についてきた。新築したこの家でも駄目だった。殺虫剤は必需品だった。
相手はゴキブリだけではないので、殺虫剤で一応間に合っていた。
時には捕虫箱を利用したりしたがこちらは少し面倒だった。
ホウ酸団子の事はちらほら聞いてはいたが、これ又作り方が面倒だった。

ところがホウ酸団子というのを売っていた店があった。家内がそれを買って来て台所にあちこちまき散らした。
これがよかったのか秋口には目にしなくなった。なんだか狐につままれた様な感じだった。
やはりと信ぜざるを得なくなった。近く買う事になるだろう。

|

« 新京の古地図のこと | トップページ | カープ長谷川元投手死す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/11136678

この記事へのトラックバック一覧です: ごきぶり:

« 新京の古地図のこと | トップページ | カープ長谷川元投手死す »