« 昭和48年 | トップページ | 日本沈没 »

2006年7月23日 (日)

靖国の戦犯合祀

先般天皇が靖国神社にA級戦犯が松平2世宮司の手に寄って合祀されたことを「親の心子知らず」と不快に思われて、それ以後参拝を中止されたことがわかった。松平1世宮司は合祀をしないと天皇に言上申し上げていたのであろうか。

小泉総理は心の問題だと、自分には関係ないと言い張っていたが、内心驚いたと思う。
私はすっかり驚いた。何故陛下が参拝されなくなったのだろうとかねてから思っていたので、不思議にさえ感じていた。
そもそも大村益次郎などが考えていたのは、維新以来本来の日本の姿に返すべく働いて,そのために死んだ者たちの慰霊のために祭られたと聞く。即ち天皇に忠義を尽くしたものを祭るのが本義と思っている。
誰でも戦争に関係して死んだものは皆祭るというのは確かに本義に反していると思う。ただ東條首相の様に罪を一身にかぶって刑死にあったものには私も異議を唱え難い。しかし明らかに天皇の意に逆らって事を起こした者たちまで祭る事はないと思われる。
ここらあたりの区別をどうするかは、世論を待つ以外にない。

私は一つの意見を持っている。
日本の神社は皆祭神を持っている。そしてそれを特定している。靖国もおそらくそうだろう。
これがそもそも間違いの元だと思う。天皇のために死ぬるという事は実際は特定し難い筈だ。
現実には、戦場で間違いなく弾に当たって死んだものばかりではない。その反対のものもいる。行方不明者も沢山いる。沖縄戦のごとく民間人も沢山戦って死んでいる。
本来戦死などというものは到底特定出来るものではない。
だから祭神を特定しなければいい。A級戦犯を合祀するとかしないとかでなくて、祭神は天皇のために戦って死んだものは全部祭る(兵士だろうと民間人だろうと)。それでは誰がといえばそれこそ国民一人一人のこころの中にあると言えばよい。
恐らく地方に沢山建っている忠魂碑や慰霊塔などは特定された祭神はないだろう。それと同じに考えればよい。
(写真は靖国神社と大村益次郎銅像)Yasukuni_1
Omura

|

« 昭和48年 | トップページ | 日本沈没 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/11065532

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国の戦犯合祀:

« 昭和48年 | トップページ | 日本沈没 »