« 忘れ得ぬ人々(22) | トップページ | 忘れ得ぬ人々(23) »

2006年7月 8日 (土)

北朝鮮のミサイル発射

北朝鮮が米国や日本の要望を無視してミサイルを打ち上げた。それも一つだけではなく7つもである。
日本のテレビや新聞は大騒ぎだが、なにも出来ない無力のこの老人も一言なかるべからずとブログに載せる事にした。
一昨日の私の日記から一部引用する。
「北朝鮮の打ち上げたミサイルは結局7発だった由。なお今後も打ち上げると公式に認めた。開き直った感じで、日本が前の大戦で連盟から脱退したときと同じ調子である。金正日は定めしヒットラー気取りなんだろう。
文句があるなら原爆を打ち上げるぞとの威嚇を込めてのことだろうが、こんな狂人みたいな独裁者には触らぬ神に祟りなしで、我慢する以外に無い。取り合わないのが一番の制裁である事を肝に銘すべきだ。
日本は一番の標的である事は間違いない。韓国は同じ民族だし、すり寄って来ている国を標的にはしないだろう。
何もしなければ打ち込まれる事もないだろう。日本は不戦の国だから、それしか方法は無い。向こうもそれはよく知っているはずだ。
日本は無謀にも同じ事を私の小さい時にしでかした。そして国民は途方も無い犠牲を強いられた。
今度は北朝鮮の国民こそが哀れなことになるだろうと傍観し続ける以外にはなかろう。」

格別追加する事もないのだが、昨日からの世論を見聞きすると、やはり戦争準備とまでは言わないまでも、経済制裁論議はかまびすしい。
しかし日本が単独で経済制裁なんかやったところで効果はないだろう。むしろ敵愾心を煽るばかりだろう。
ただミサイルを打ち込まれた時どう対応するかは、よく準備しておく必要はあるだろう。
少々の犠牲は我慢するかどうかである。私は我慢してほしいと思っている。
戦争はもうこりごりである。傷つくのは自衛隊だけで済まされない。

|

« 忘れ得ぬ人々(22) | トップページ | 忘れ得ぬ人々(23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/10841669

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のミサイル発射:

« 忘れ得ぬ人々(22) | トップページ | 忘れ得ぬ人々(23) »