« 忘れ得ぬ人々(7) | トップページ | 忘れ得ぬ人々(8) »

2006年6月12日 (月)

地震

今朝5時、がたがたとガラス戸の揺れる音で目覚める。
地震だ!と頭上の棚の本を見上げながらおもむろに起きる。
少しひどくなる。
すぐベッドを離れる。
瞬間芸予地震を思い出す。ベランダに逃げ出すためにガラス戸を開ける。
テレビのスイッチを入れる。2、3分地震ニュースはない。
そのうちテロップが流れ出す。
広島は震度4らしい。
まあまあだなと思ってると、ニュースが地震に切り替わる。呉などが震度5という。震源は大分県中部。
呉、今治、西予、佐伯などがひどい。西瀬戸内一帯が皆震度4。
これなら芸予地震より大分軽いなと思ってる間に止まる。10秒くらいだったか。
芸予のときは先ず棚の本などがばらばら落ちて来てから始まったが、こんどはそれがない。
マグニチュード6.2という。軽くてよかった。
しかし地震は嫌なときでもやってくるから困る。

|

« 忘れ得ぬ人々(7) | トップページ | 忘れ得ぬ人々(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/10490453

この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« 忘れ得ぬ人々(7) | トップページ | 忘れ得ぬ人々(8) »