« 薔薇 | トップページ | 新しいガスコンロ »

2006年5月26日 (金)

ガス欠

病院からの帰り道のことである。
緩い下り坂を下り切って、短く急な上り坂に掛かった途端、エンジンがくしゃみして、アレッと思った瞬間止まってしまった。アクセルをばたばた踏むとかぼそい声で嫌々する様な音を立てくしゃみをくりかえして、車は動かない。
ありゃ、これはガス欠だとメーターを見ると、針は0以下に落ち込んでいる。
うかつにもガソリンが無くなっていることに気づかなかった。
それでも、一日一度は買い物などに出歩いていた。その間メーターに一度も目をやらなかったわけである。

流石に最近は運転は慎重になったので、衝突事故はなくなったが、今度はこれが始まった。
坂の丁度半ば、下がるしかないが、後ろは道幅が狭く曲がって、交通の邪魔になる.ええままよとエンジンを切り、ブレーキして下りる。
さてどうするか。ケータイは持って来なかったし、いつも行くスタンドは3キロもある。近くの民家をちょっと覗いたが誰もいる感じはない。
仕方ない1キロ半先の、家まで歩いて帰ってから考えるかと歩き始める。
車の往来は激しい、でもうまく通り抜けてくれる。

ふと崖上に目が行った。
なんだここはバイパスのサービスエリアの下ではないか。
エリアの中にガソリンスタンドが確かある筈だと気づいた。
ちょっと行くと石段が上まで続いている。
上がり切って見ると、売店の一番向こう端にあった、スタンドが。

ことをわけて話して注入用の容器を借りて、3リットルほど入れてもらい、歩いて引き返す。
エンジンをかけると難なく動く。石段下そばの駐車スペースに車を移動して容器を返しに行く。
やれやれ。老いぼれると何もかも大変だあなと自嘲しきり。

|

« 薔薇 | トップページ | 新しいガスコンロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/10244136

この記事へのトラックバック一覧です: ガス欠:

« 薔薇 | トップページ | 新しいガスコンロ »