« 一騒動 | トップページ | 昔語り »

2006年4月12日 (水)

今朝書いた日記

ドン曇だった昨日から、晴れ間の見える曇り空の朝を迎える。大分昔だった様な気分だ。2日間随分降った。1月分以上降ったらしい。でも明日からの旅行に一応めどが立ったのがよかった。
気温はもう春そのものだ。吉野の桜は一緒に咲くのでないから、この雨ぐらいでは心配要らない筈だ。

老人の厚着も1枚1枚剥がれて軽くなる。結構重かったんだなと脱いでみて気づく。
怪我の跡も大分見好くなった。人に見とがめられることもないだろう。それでなくとも足手まといの老いぼれなんだから。
列の先頭を行ったり、石段を真っ先に息を切らして登ったり、とかく見栄を張りたがるこの老いぼれなのだが、今回の旅はゆっくり後から付いて行くことに決めているので、尚更足手纏いを気遣われないようにしなければいけない。
歳を取ると気になることが多い昨今である。

|

« 一騒動 | トップページ | 昔語り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/9547933

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝書いた日記:

« 一騒動 | トップページ | 昔語り »