« 仏通寺 | トップページ | 大曲がいい »

2006年2月 4日 (土)

雑念

1月の末頃から少し気温が上がって、今年は冬が早くやって来たので、ぼつぼつ早めに春めくのかなと思っていたらとんでもない、立春というのに今朝はまた零下1度と寒さは逆戻り。
毎年この地方は2月が一番寒いと永年の体験で思い込んでいるのだが、どうやらその通り運ぶこと間違いないらしい。
水道管破裂なんて事故が起きるのはいつも2月だ。桑原々々である。

ぶくぶくに着込んで、家の中だから体裁はもちろんどうでもよい。
運動しないから寒いのだと、家内にこぼされるのだが、これも馬耳東風、たまに郵便局まで手紙一通出しに歩いて行ったが、帰りの坂道で息が切れて、よれよれになる。
大体86まで生きるのがよくないのだと我が身を嘲る。

芥川竜之介の書き残した「旧友へ送る手記」を読んでみる。随分死に方を研究している。しかし彼は未だ若かった。ほっといたら死ねないから工夫したのだろうが、こちらはすぐそこまで死の定年が近づいている。研究するまでもないだろうとは思っているのだが。

|

« 仏通寺 | トップページ | 大曲がいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/8498495

この記事へのトラックバック一覧です: 雑念:

« 仏通寺 | トップページ | 大曲がいい »