« 元戦友の懐かしい話 | トップページ | 往生への道 »

2006年1月30日 (月)

省エネ

石油が高くなって、我が家でも日々石油ストーブの使用に気を使っている。
特に私のいる部屋は幸い日光の入射がほとんど日中いっぱいだから、晴の日なんかはストーブをつけることはない。
夜でもちょっとつけて20度になるとすぐ消す.温風式だからスイッチ操作で出来るので簡単だ。
昨年よりはすごく使用量は減っている筈だ。そのかわり着膨れして、脱いだり来たりするときは大変だ。
我が排泄器が生殖を必要としなくなるにつれて矮小化し、着膨れしている今年は特に、ズボンの口から引き出すのに苦労する。うっかりすると自分の衣類に引っ掛けてしまう。笑うに笑えない仕儀である。

先日は天井の電灯が一つ切れたので取り替えた。安全を工夫して椅子二つに股がって、仰向いてやってたら、よろけて転げ落ち、したたか足首を打ち砕いた。血は吹き出すは、くろじりになるはで大慌て。それでもどこも折れなくてよかったが、電灯の笠は破れてしまって使えなくなった。

人並みのことは何も出来ない年齢なんだなと悔しくてどうしようもない。

|

« 元戦友の懐かしい話 | トップページ | 往生への道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/8414194

この記事へのトラックバック一覧です: 省エネ:

« 元戦友の懐かしい話 | トップページ | 往生への道 »