« 天然の美 | トップページ | 植物園散歩 »

2006年1月17日 (火)

地震


阪神大震災からもう11年になる。6千人以上の犠牲を出したことは痛ましく忘れられない。
丁度この日の明け方近く、揺れ動く物音に驚いて目覚めた。深夜放送が直後放送を中断して、大阪から地震のニュースを伝えた。始めは状況を手探りで伝えるだけで、被害の模様は全然分からなかったが、夜が開けると共に全貌が次第に明らかになり、テレビに釘付けにされた。その被害はただ事ではなかった。この日は終日この放送で明け暮れた。

この余韻が醒め切らない5年前、今度は昼間の午後突如この地方に凄い揺れが発生した。
今度は棚のものは落ちるし、家の中が大揺れしてどうしようもないので、二階の部屋からベランダに飛び出した。
手すりに掴まって、団地の四周を見渡すとどの家も木々も電柱も揺れ動いている。どこか倒れたらうちも危ない。どこへ飛び降りるか捜しているうちにだんだん揺れが治まった。芸予大地震と呼ばれた。

家はほとんど損傷は無かったが、回りのブロック塀にはひび割れなど出来、後年支柱を立てたり修復をしたりした。
約20万円強の出費ですんだが。
タンス、食器棚、本棚の類いは予め固定はしているのだが、それでも改めて補修を施したりしなければならなかった。
昼間のことでこの地方の人的災害は少なかったが、物的損害は凄かった。

最近では新潟地震が大災害で、この地方は夏は風水害、冬は大雪と、踏んだリ蹴ったりの災害の連鎖に苦しんでいる。
地震大国日本だけに、珍しくも何ともないが、運悪く災害に遭遇した人は哀れである。
まだまだ予知が出来ないだけに、普段からの心がけだけは忘れぬ様にしよう。

|

« 天然の美 | トップページ | 植物園散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/8203313

この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« 天然の美 | トップページ | 植物園散歩 »