« 鈴木三重吉のこと | トップページ | お宮参り »

2006年1月 9日 (月)

義母の1周忌

家内の母の1周忌の法要に出かける。
読経など終わって、ちょっとした法話を聞く。
不信心な私は、改めてなるほどなと感銘する。
なにげなく口にする「南無阿弥陀仏」の字句の意味を教えられる。
"なむ"はインドの言葉で挨拶用語、”あみだ”は任せる、”ぶつ”は仏陀ということで、”なんでも仏様にお任せします”ということだとのこと。
又お経の漢字はインドの言葉を仏教が中国に渡来した時、音の似ている漢字を当てただけとのこと。
なんとなくそう思ってはいたが、はっきり教えてもらってちょっと賢くなった感じ。
まもなく後を追うであろう私のそれでも意義深い1日。

|

« 鈴木三重吉のこと | トップページ | お宮参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/8081217

この記事へのトラックバック一覧です: 義母の1周忌:

« 鈴木三重吉のこと | トップページ | お宮参り »